会社設立について かつて会社を設立するという場合、「最低資本金1,000万円」「必要な役員3人以上」といった高いハードルをクリアせねばなりませんでした。 しかし平成18年の新会社法の施行により、「資本金1円」「取締役1人」から会社の設立ができるようになりました。これを期に会社組織の立ち上げを検討している方もいらっしゃるでしょう。そこで当サイトでは、会社設立の費用についてご紹介します。

新会社法とは?

これは平成18年に始まった法律です。従来まで会社に関する法律は幾つも分立していたので、それを一本化したものが新会社法なのです。

新会社法が従来までの法律と違う点として、次のようなものがあります。

1、有限会社の制度は廃止され、株式会社に一本化された。
2、「資本金1円」「取締役1人」から株式会社が設立できるようになった。
3、株式会社設立の手続が簡略化され、設立までの期間も短くなった。
4、合同会社が新しく設けられた

このように従来と比べると、株式会社の設立が容易になりました。
それでは会社化することで、どんなメリットがあるのでしょう。


@株式会社化のメリット

1、金融機関からの融資を受けやすく、資金を調達しやすい
2、社会的信用度が厚い
3、所得が増えれば税金面で有利になる
4、赤字は最高7年まで繰り越すことができる   など


新会社法の施行により、資本金1円から会社を設立することが可能になりました。
しかし会社を設立する際には、費用がかかります。
ということで、会社設立費用について見ていきましょう。

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

会社設立費用:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.seturituhiyou-saitekika.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。